腐食する

腐食するための道具材料

描画が終わったら腐食液に入れて腐食していきます。

道具と材料

・バット(タッパーでも)
・腐食液(塩化第二鉄)
・しょうゆ
・タイマー
・ペーパータオル
・ゴム手袋
・重曹
・計量カップ
・計量スプーン

お好みで
・洗濯ばさみ
・セロテープ

 
 

版面を下にするために

腐食される、金属が削られるということは、腐食される部分から金属のくずが出るということ。その金属のくずが描画した線に詰まってしまうのを防ぐため、版面を下にして腐食液に入れています。

バットの底の四隅に吸盤や消しゴムを置いて乗せるという方法もありますが、全面に描画している場合は使えないので、私はテープで取手を作って腐食液の中で吊っています。

版面を下にして腐食する(図説)
 
 

セロテープでタブを作る要領で作ります。取手の部分は長めに、版の裏に貼るために残しておく粘着部分は版の大きさによって決めていきます。

テープの粘着力が強すぎると剥がす時に腐食液が飛び散らかったりして面倒なので、100均などで売っている粘着力ちょっと弱めのテープがおすすめです。

腐食取手を作る(図説)

版面を下にするかどうかも好みなのではないかと思います。上向きに入れて数分おきに版を揺すっても良いですし(剥がれやすいソフトグランドエッチングではこの方法を使っています)、せっかく自分のコントロールの及ばない腐食液任せの工程なので、金属くずの詰まりさえも楽しんでしまうのも良いと思います。

腐食取手を作る
腐食取手を作る
腐食取手を作る
腐食取手を作る

腐食液に入れる

タイマーをセットして、腐食液に入れていきます。腐食時間による線の太さの比較はまた別に掲載します。

先ほど作った取手の片方をバットの縁に洗濯ばさみではさみ、腐食液の中で浮くようにもう一方の取手を洗濯ばさみで固定します。

腐食液に入れる
腐食液にいれる
腐食液にいれる

腐食液から取り出す

できる限り腐食液の飛散拡散を減らしたいので、ペーパータオルなどで拭きながら作業しています。
腐食液をよくきって、取手をはずし、ペーパータオルで腐食液を拭き取ります。

腐食液から取り出す
ペーパータオルで腐食液を拭く

別のバットに移し、しょうゆをかけ中和します。版の縁にもしっかりしょうゆが行き渡るように、全体にしっかり馴染ませます。

しょうゆをかけて中和する
しょうゆをかけて中和する

より安心して水道水で洗えるように、重曹と水を1:10の割合で作った中和剤に入れて洗います。最後に水で洗ってよく乾かします。

重曹水に入れて中和する
水道水で洗う

加筆したり、これ以上腐食させたくない部分をマスキングしたりしながら、これを繰り返します。腐食が終わったらホワイトガソリンでグランドを拭き取り、リグロインで仕上げ拭きをします。

しょうゆと重曹の効果

塩化第二鉄は、水と混ざると鉄イオンが発生し、鉄イオンが酸化剤となって、銅は腐食する(鉄さびは酸化した銅)。
腐食液から上げた版にしょうゆをかけると、版面に残った鉄イオンに、しょうゆに含まれるアミノ酸が還元剤として作用し、酸化が止まる。
腐食液は自然環境に良くないので、水道水で洗う前に、重曹(アルカリ性が強い)を混ぜた水を入れたバットに浸けて中和させてから、水で洗い流すようにする。
なお、腐食液を捨てる場合は、処理用の中和剤を用いる必要がある。
『版画 進化する技法と表現』(文遊社)

グランドを塗り直す時の注意
一度グランドを完全に取ってから、もう一度グランドを引き直して加筆・腐食する場合、すでに腐食された溝に入れたはずのグランドが腐食途中にはがれてしまうことがあります。まだらに線が太くなったり、よぼよぼした線になったり。

グランドを濃くして防ぐこともできますが、腐食時間を長くしたい場合、絶対今ある線を守りたい場合は、液体グランドではなく固形グランドを使って防蝕することをおすすめします。絶対に傷つけたくない部分に封蝋を入れてグランドを引くという方法もあるそうです。

おまけ

筆で腐食液を塗り続ける

書くか迷うようなものぐささ。

腐食液を置いている部屋と同じ部屋にプレス機を置いておくと金属部分が錆びる、ということで大きな工房では腐食作業と刷り作業の場所が区切られています。
そんな恐ろしい腐食液。自宅で使う際は、作業終了後に腐食液を容器に戻してバットもきれいに拭いて、袋に密閉しておきます。

どうしてもどーしてもその神経を使う作業が辛い時、筆に腐食液を取って版面を撫で続けるなんてことをしたりします(途中で何度か腐食液を加えます)。絶えず金属のくずを払っている状態なので、腐食時間も短くて済むのも良いところ。

部分的に腐食をする、筆で腐食液を塗って滲んだようなトーンをつける「スピットバイト」というれっきとした技法があります。これはそれとは違う、何も部分的でなくても良いわけで...と始めたただのものぐさ作業です。

終わったら刷毛にもしょうゆをかけておくのを忘れずに。(プラスチック製の筆があればベスト。)

筆で腐食液を塗る