銅の板を切る・磨く

銅板を切る磨く道具

既製のサイズの銅板とは違うサイズにしたい場合、金属裁断機やひっかきと呼ばれる銅版切りがなくても、厚さが0.3mmの銅板はホームセンターに売っている金属バサミで、厚さ0.5mm以上の銅板はカッターで切ることができます。

制作の始まりは版を磨くところから。グランドの付きを良くして、剥がれにくくするために、磨いて油分をしっかり取り除きます。

銅板を切るための道具

・カッター
・カッターマット
・定規
・ヤスリ

 

銅板を切る手順

(1)定規で切りたいサイズに当たりをつけます。
(2)少しずつ溝をつけていきます。
(3)裏面からも同じように溝をつけていきます。
(4)厚さ0.5mmの板はそのまま頑張ってカッターで切ります。厚さ0.8mm、1mmの板は、表裏両面から切り込みを入れてから、机の端などを利用して、片方をしっかり抑えて折ります。切り込みが浅いと角が曲がってしまうので溝はしっかりと。
(5)切断面や角は鋭利なのでヤスリで落として整えます。
銅版の縁をきれいに削る「プレートマーク」を作る作業についてはまた別のページにまとめたいと思います。まずは怪我に注意

銅板を切る
銅板を切る

カッターで切れるとは言ってもやっぱり力のいる作業。たくさん作る場合は業者などにお願いするのも良いと思います。金属裁断機を置いているような大きな工房に行けばお願いできるのか、問い合わせてみるのもあり。
銅板を扱うということでは画材屋さんより金属販売加工会社の方が多いのでは?!オンライン注文を受け付けてくれるところもあるようです。

私が以前お願いしたことのあるのが、「銅小口通販専門店『かっぱ堂』」。画材屋さんであまり扱いがなかった正方形をたくさん使いたかった時にこちらで購入しました。

銅版を磨くための道具

・ピカール
・フェルトのハギレ
・ウエス
・ホワイトガソリン
・リグロイン

ホワイトガソリンとリグロインの使い分け
ホワイトガソリン:版面の拭きとり、グランドを拭い落とすときに用いる。拭きとった後は必ずリグロインで仕上げ拭きをする。
リグロイン:仕上げ拭きに用いる。揮発性が高く、拭きとった後に油分が残らない。 リグロインでも版面の掃除はできるが、版がきれいになる前に揮発してしまう。

『版画 進化する技法と表現』(文遊社)

銅版を磨く手順

(1)フェルトのハギレを切ったもの(ウエスでも可)にピカールを適量取ります。
(2)表面をくるくる磨きます。こんなに汚れているのかとびっくりするくらいフェルトが真っ黒に。
(3)ウエスでピカールを軽く拭き取ります。
(4)ホワイトガソリンで汚れを取り、リグロインで仕上げ拭きをします。

銅版を磨く
銅版を磨く
銅版を磨く
銅版を磨く
銅版を磨く
銅板を磨く

もっと安全に

ここでは技法書にある一般的な方法、私がいいなと思って普段使っている方法を取っていますが、これじゃなきゃというものではありません。ガソリンを使わなくても、ピカールで磨いて、きれいにウエスで拭き取った後、台所用洗剤で洗ってもきれいになりますし、エッチングの腐食止めとして銅版画ではおなじみのお醤油でも脱脂できます。

十分に換気をしながら作業をするのはもちろんですが、若くして亡くなった銅版画家を襲った恐ろしい症状を聞き、使うものも色々と考えるようになりました。より安全に作業できる方法も勉強しながら追記していきたいと思っています。

銅版を磨く(台所用洗剤)